納豆ダイエットの効果が悲惨 やむなく進路修正


スポンサーリンク

@ゆるいダイエットでは、主に女性のダイエットについて、優良な情報をお伝えしています。
今回のテーマは「納豆の効果 毎日食べて個人的にわかったこと」です。

 

納豆菌が腸内フローラを調整して、健康な体作りの手助けになることは、どこかの記事に書いた通りです。

もちろん、納豆に含まれる納豆菌のことですが、善玉菌として働いてくれます。

そして、副産物としては、便秘解消が言われていました。

水溶性と不溶性食物繊維ですね。

 

どちらも、便秘解消には必須アイテムとなっています。

「便秘解消」とキーワードを入力して検索すると、間違いなく食物繊維の情報がたくさん出てきますよ。

 

さて、そんなこんなで、私も毎日、納豆を食べ続けました。

しかも、最近?注目の酢納豆です。

 

酢は、最初、黒酢を使いました。

普通の穀物酢では、すっぱすぎると思ったのです。

ところが、この黒酢、意外に高いんですよね。

しかも、元々上さんがダイエットのために購入していたものだったので、やむなく穀物酢に切り入替えとなりました。

 

しかし、意外に納豆に合うんですね。穀物酢でも。

黒酢は穀物酢よりも酸味が薄く感じられる反面、独特の香がするので、少し抵抗があったのですが、すぐになれました。

ところがそうことがあり、穀物酢に切り替えとなったのですが、食べてみるとそんなにゲテモノではなかったんですよね。

納豆をかき混ぜてから穀物酢を入れて混ぜるのですが、何回か混ぜるのを忘れて、そのまま酢をご飯にかけてしまい、せき込む失敗をすることはありましたが、なれると大丈夫です。

 

さてその結果どうなったと思います。

それは、


スポンサーリンク

一食に食べる納豆の量が多かったせいなのか、おなかが張ってしまい、ガスが逆流しておなかの中でぷ~とやってしまうようになりました。

ついでに、それまではほとんど毎日出ていたうんちが出なくなりました。

便秘状態です。

でも、うんちは固くなりはしないので、大変な状態ではないのですが、出にくくなってのは確かです。

 

繰り返しますが、ガスがおなかにたまり、苦しくなったのは事実です。

約10日間続けましたが、うんちが出にくくなると、非常に憂鬱になるので、中断し、代わりにヨーグルトに切り替えました。

そしたら、出ること出ること。

朝2回、座るとするっとなんです。

 

ここで、納豆はダメと言う結論を出さないのが、私のいいところです。

ガスが大量に発生し、おなかが苦しくなったのは、一回に摂る量が多かったのではないかと思いました。

そして、私にはヨーグルトの方があっているのではないかという仮説も立てられました。

 

今後は、納豆とヨーグルトを交互に、しかも、あまり大量にではなく、今まで食べていた半分以下を量で続けていこうと思います。

 

納豆は大好きなので、私は全く困ることはありませんが、もしも、納豆を食べられない人がいたら、とても気の毒です。

そんな人には、こちらをおすすめします。

サプリメントなので、持ち歩いてどこでも摂ることができますよ。

臭いもありません。

お試しを!

 


クリック ⇒ 10パック分の納豆菌【そのもの納豆】


スポンサーリンク