筋トレオタク達の ダイエット 食事8割 運動2割の原則


スポンサーリンク

yahoo ニュースを見ていたら、「筋トレの鬼は結局何を食べているのか」、と言うタイトルで、日本のダイエットを猛烈に怒っている記事があったので紹介します。

『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』の著者であるTestosterone氏のコメント。

私は猛烈に怒っている。日本のダイエット業界にはびこる“インチキ”に対してだ。科学的根拠のないダイエット方法を甘い言葉を使って垂れ流し、その後のフォローはいっさいなし。「日本に正しい筋トレと栄養学の知識を普及させること」をライフワークとしている私としては心底腹が立っている。食事に関する知識は一生モノだ。読者の人にはそんなインチキにだまされないでほしいし、正しい知識を持って健康的な人生を送ってほしい。
引用:http://toyokeizai.net/articles/-/185087

何とも厳しいご指摘ですね。
日本に正しい筋トレを普及させるだけではなく、栄養学の知識も広げたいと言っていました。
この記事のタイトルにもありますが、アメリカでは「食事8割運動2割」がダイエットを成功させる秘訣なのだそうです。
筋トレをビジネスにしているだけあって、説得力がありますね。
食事8割ということは、食事制限を厳しくするという風に感じましたが、さて内容はどんなものでしょうか。

次のシンプルな5つのステップを踏んでこそ、ダイエットが成功すると言っています。
さてその5つのステップとはどんなものでしょうか。

【1】自分の「性別・身長・体重・年齢」を基に“基礎代謝”を割り出す
【2】基礎代謝を基に個人の活動量に応じた“1日の消費カロリー”を割り出す
【3】1日の消費カロリーを基に、目的に合わせて“1日に摂取すべき総カロリー”を割り出す
【4】1日の総カロリーから、“マクロ栄養素(3大栄養素)を毎日何gずつ摂取すればいいか”を割り出す
【5】あとは【4】のとおりに食事するだけ
引用:http://toyokeizai.net/articles/-/185087より抜粋


スポンサーリンク

どうでしょう?
すごく面倒くさそうですね(笑

でもこの数字を割り出すことによって、我慢していたチャーシュー麺や、 チョコパフェ 、ハンバーガーに霜降りのカルビとかも 食べても良い事になっちゃうようです。

もちろん食べ放題というわけにはいきませんが。

基本的に、太らないようにするには食べ物で摂取するカロリーと基礎代謝+運動で消費するカロリーの差がマイナスであれば、痩せていきます。
プラスであれば太ることになります。

単純に体重を減らすことが目的であれば、筋肉の量を減らせば体重は減ります。
正しい筋肉の量が減ると基礎代謝も減っていくので、一時的にはダイエットが成功したように見えますが、基礎代謝も減っていくので、食事の量もどんどん減らしていかなければいけないと言う地獄のスパイラルに落ち込んでしまうことになるでしょう。

話は戻りますが、ダイエットのためのシンプルな5つのステップを学ぶことで、科学的にダイエットを成功に導くことができます。
詳しくはこちらのリンク から記事を見てください。

「筋トレの鬼」は、結局何を食べているのか


スポンサーリンク