決して太ってはいけない理由 ちょっとだけ真剣に考えてみました


スポンサーリンク

太るということにメリットはひとつも見出せません。
デメリットだらけだと思います。
太っているデメリットといえば、健康上のデメリット、見た目のデメリット、女性特有のデメリットが思い浮かびました。

今日はその辺のところを、ちょっと真剣に調べてみようと思います。

肥満の定義

あなたは自分のことを太っていると思っていますか.
たぶん自分が太っていると思っているから、この記事を読んでいただいてるのですよね。

それでは太っているとはどういうことなんでしょうか。
真剣に考えたことありますか?

ご存知だと思いますけど、健康診断では BMI 値というのが分かるようになっています。
体重指数と言いますね。
BMI値(体重指数)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で求められます。

日本ではBMI値25以上。世界保健機関では30以上。理想は22です。
なぜ日本が世界保健機関よりも低いのかと言うと、日本人は平均して、BMI値が25を超えたあたりから、例えば、高血圧、糖尿病、動脈硬化などの合併が起こる頻度が高くなるというのがその理由です。

気を付けたいですね。

 

健康のデメリット

太ると体重が増えたりするだけではなく、前にも言ったように、高血圧や糖尿病などの生活習慣病になりやすくなります。
体重が増えると膝や腰が痛くなり、特に関節痛は高齢者に多いですよね。
怖いのは動脈硬化です。

内臓脂肪が増えるとその内臓脂肪から アディポサイトカインというホルモンに含まれる物質が分泌されます。
このホルモンが出ると、 高血圧や糖尿病、脂質異常症、動脈硬化を発症しやすくなると言われています。
ぽっこりお腹はそのまま放っておいてはいけない理由がここにありました。


スポンサーリンク

 

見た目のデメリット

太っているとやはりそれだけでストレスを感じたり、劣等感で消極的になったりします。
それからサイズの合う服が少なかったり、金銭的に負担が多くかかったりします。

お腹がすくので、1日3食以上食べてしまう人をいますよね。
ラーメン定食+カレーとか・・・。

 

それから疲れやすくなるので、外に出るのも億劫になり行動範囲が狭くなったりもします。
学生の頃の友達に会うのが恥ずかしいなんてこともあるかもしれません。

妊婦さんへの影響

女性特有のデメリットとしては、太っている人が妊娠した時に どんな影響があるかということですけど、やはり内臓脂肪や皮下脂肪がつきすぎると、出産の時に産道が狭くなり、異常分娩になる可能性があるようです。
それから早産になりやすくなるなどのデメリットも考えられます。
赤ちゃんへの影響としては、 神経根閉鎖障害というのがあるのですが、 妊娠4~5週に脳や脊髄の元となる神経管が作られる際に、奇形が起こる障害になります。

それと、妊婦糖尿病では 発達が未熟な巨大児が生まれるデメリットがあるようです。

もちろん太っているから必ずそうなるというわけではないのですが、やはり、健康な赤ちゃんを産むためには、自分自身が健康じゃないといけないということですね。

 

まとめ

太るということは、つまり、健康状態にはならないで、不健康になっていくデメリットしかありませんでした。
ここで言う太るというのは、いわゆる肥満ということです。
ぽっちゃりタイプは可愛いと言われることがありますけど、それ以上に太ると、怖い病気になるリスクが高くなります。
特に女性の場合は、男性よりも筋肉の量が少ないので、痩せにくいのかもしれませんね。

それから、 女性が妊娠した場合、肥満状態のままでは、出産にリスクが伴う可能性があります。
そして、年齢を重ねるに従って、男女問わず体に必ずガタが来ます。
できるだけ負担を少なくするためにも、体に見合った体重を維持したいものですね。

そんなことを思いつつ、太らない体を維持しながら、ダイエットに勤しんで行きたいと思います。


スポンサーリンク