大坂なおみ 体系をテニス仕様に変えた驚愕の方法


スポンサーリンク

大坂おおみの全米オープンテニスの優勝は圧巻でしたね。

史上初めての日本人の優勝で、アンビリバボーな出来事。

しかし、天才は一夜にしてならず?の通り、大坂なおみさんも、人並み外れた努力をしていました。

もちろんテニスの練習、筋トレなどもそうですが、しまった体系です。

 

食べるのが好きのようで、特にカツカレーが好きなようです。

試合後のインタビューで食べたいものを利かれたときに、そう答えていました。

 

女性なのにかなり食べる!!!と思った方も多いかと思います。

しかし、それもそのはず、彼女の身長は何と、180cm。

 

かわいい笑顔に騙されて、思わず小さく見えてしまうのですが、全米オープンで優勝したとき、

コートの中央、審判籍の下で、セリーナウィリアムスと抱き合いましたが、見劣りしませんでしたよね。

ちなみに、セリーナ・ウィリアムスの」身長は、175cmでした。

 

さて、大坂なおみさんの体重ですが、全米オープン前は、76kgあったようですね。

180cmで76kgだったら、そんなに悪くはないかもしれませんが、

BMIでは、23.5

標準体重はと言えば、71.3kgになるそうです。

 

その時の大坂なおみさんのBMI値がどれ具合だったのか、公表されてませんが、たぶん

超えていたことは間違いないでしょう。

 

さてそれでは、大坂なおみさんはどうやって、体重を落とし、体を絞ったのでしょうか。

 

それには、やはり、最初のインタビューに表れてましたね。


スポンサーリンク

食べたいメニューを尋ねられるとすかさず、かつ丼といっていました。

つまり、それだけ、脂っこいカツを食べないで我慢していたんでしょうね。

 

あとは、ボクシングのエクササイズです。

こちらの映像を見れば、おおさかなおみさんがどんな練習をしてきたのかわかりますし、

体形を変えるにはやはり厳しいトレーニングが必要なんだなと言うことがすぐにわかっちゃいます。

大坂なおみさんは身長が180cmあるので、その身長を生かした強いサーブが最高の武器になっています。

でも、反面、フットワークに難点があったようです。

このトレーニングは、そのフットワークをよくするためのものなんですね。

 

その効果として、体重が減り、体がしまったというわけです。

全米オープンに優勝したいという大きな目的があったからこそ、できたダイエットとも言えるではないでしょうか。

 

大坂なおみさんは、お父さんとお母さんを喜ばせるためにテニスを続けていたようですね。

親を思う心、親からの愛にこたえるために頑張った大坂なおみさんは、世界中の人たちに

愛されるテニスプレーヤーになりました。

 

大坂なおみさんをアメリカと日本の二重国籍を揶揄する人もいます。

しかし、大坂なおみさんはこういいました。「自分は自分」

自分の信念を貫く強い心があったからこそ、全米オープンで優勝することができたのでしょう。

 

大坂なおみさんがグランドスラムを制することを願っています。


スポンサーリンク