納豆ダイエット 食べ過ぎには人生を左右する危険な副作用があった


スポンサーリンク

@ゆるいダイエットでは、主に女性のダイエットについて、優良な情報をお伝えしています。
今回のテーマは「ダイエットのつもりでも納豆の食べ過ぎには危険な副作用があった」です。

 

当ブログではゆるいダイエットということで、主に腸内細菌のバランスが取れる方法を紹介しています。
その中でも、簡単にできる方法がありました。

それは納豆を食べるということです。

 

600x500_21

 

納豆は基本的には善玉菌なので、毎日適量を食べることによって、腸内細菌のバランスが良くなります。

 

例えば納豆食べる事によって、お腹の通じが良くなったり、、おならの臭いが臭くなくなったりします。

それから、大豆には「大豆イソフラボン」という成分が含まれています。この大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た分子構造を持っています。
なので、納豆を適量食べていれば、生理不順の女性にはお勧めする食品です。

 

でも、納豆は所詮食べ物です。
薬ではないので、すぐにその良い効果が現れるとは限りません。

 

納豆過剰摂取による恐ろしい副作用とは

納豆は薬ではないとはいえ、過剰に摂りすぎると危険な副作用が出てきます。

その副作用は、非常に危険です。

例えば会議中とか、例えば結婚式の時とか、例えば子供の卒業式、卒園式、会社での朝礼中と言ったセレモニーの時に出てしまった場合は、その後の人生は真っ暗と言っても過言ではありません。

さてその副作用とは一体何でしょう。


スポンサーリンク

 

それはズバリおならです。

会議中なら少々ごまかせないこともないですが、卒業式、卒園式の最中に「ぷ~」っとやってしまったら、想像しただけでも鳥肌ものです。

本当に、人生を破滅に追いやることになるかもしれません。

良い同僚がいる職場ならいいかもしれませんが、大概の場合、手足唇病よりも早く社内感染してしまうでしょう。

さて、先ほど納豆にはおならを臭くしない効果があると言いましたが、矛盾しちゃいますね。

しかし矛盾ではありません。
食べ過ぎてしまうがあまり、納豆に含まれているタンパク質を悪玉菌が分解してしまいます。つまり、悪玉菌に分解されたタンパク質が嫌な臭いを発生してしまうことになります。

対策としては、納豆の粒が小さくなるまで、『よく噛む』ですね。

かむのが大変な人は、ひきわり納豆が良いと思います。

 

簡単に納豆が摂れる方法

そこまでして納豆に執着する必要はないだろう、と思ったアナタに朗報です。

好きな時に好きな場所で納豆を摂取することができます。
匂いも気にせず、ネバネバが出るまでかき混ぜることもしなくていいんです。

その答えはこちらにあります。ぜひお試しを


10パック分の納豆菌【そのもの納豆】


スポンサーリンク